便利な時代

歯科のあり方について

歯科医院は子供時代にはあまり行きたくない病院でありました。しかし医療の進歩であまり痛みを感じなくても、治療できるようになったと思います。近年では、歯石除去のみで、来院する方も増えています。仕事の都合で昔なら、土日は休業であったので、なかなか行けなかった方も多かったと思います。しかしながら、近頃は土日は当たり前のように、医院を開けており、時間が合わなかった方も行けるようになっています。虫歯になり、痛みに耐えなくても、何時でも歯医者で治療が受けられる環境となっています。歯科医院の増加で治療を受ける側にとっては便利になりましたが、逆に、歯科医院は、休日をシフト化するなど一工夫することで対応している状況と言えます。

良い医院の選び方について

便利になり歯科医院が増加し、医院選びが、患者にとっては大きな問題となってきています。とりあえずは、ファーストコンタクト、来院であり、電話であっても、最初の印象は大変大事です。最初にイヤなイメージを持ってしまうと、次からは、辞めてしまい、違う医院へと足を運んでしまう可能性は大変大きいでしょう。失った患者さんが、再度来院する可能性は低いでしょう。また、先生からの施術の説明がない医院もあるようですが、これもまずはあり得ない事です。ただ、治療したら良い訳ではないのです。患者とコミュニケートしない先生や、従業員がいた場合には選択から外されると考えます。やはり、親密な対応の出来る歯科医院が人気になるのは当然なのです。