検診制度

定期的に歯科検診を受けよう

人間の三大欲求と呼ばれているのは睡眠欲、性欲、そして食欲ですが、最後の一つに関しては口というか歯が大切になってくるのです。ものを噛む、その行為が美味しさに繋がっているわけで、どれほど味が良くても流動食では物足りなさを感じるかと思います。そんな大切な歯ですが、他の器官よりも丁寧なメンテナンスが必要となってくるのです。歯はトラブルを起こしやすい器官で、気付いたら虫歯になっていた、歯周病になっていたということは良くあって、そのために歯科医での定期的な健診が必要となってくるのです。検診代が高い、そう思われる方もいるかもしれませんが、定期検診は保険が適用されますし、普通の歯科医ではそんなに高額を請求されたりはしないのです。

長い目で見て得をする方法

歯科治療で高額になるのは保険の適応外の治療をする場合、そして虫歯などを放置していて、とんでもない事態を引き起こしてしまった時くらいなのです。もちろん、治療の際にインプラントなどを使うと金額は上がりますが、それは治療費というより特殊なものになりますし、そもそもインプラントは保険の適応外ですので高額になるのは当然なのです。そうではなく普通の治療の場合、早期に発見してすぐに治療すれば期間は短くて済みますし、その分、治療費も安くなるのです。 そういったことから長い目で見れば、定期検診の検診代を払ったとしても、それで異常が見つかりすぐに手を打てば治療費は安くすむのです。それゆえ、歯科医での定期的な健診は必要となってくるのです。